ラブラブル その5 花穂ルート

あり得ないことが起こる。それがゲームの最大の面白さ。


このゲームのメインヒロインは、間違い無く花穂。
他4名と扱いが違いすぎる。
みみみ先輩を僅差で上回った。

昨年の実妹物と比較すると、物語の面白さ(これはSMEE自体が放棄しているようですが)ではシンセミアに遠く及ばず、テキストの面白さはアチ恋に敵わず。
しかしながら、リアル妹がいる大泉君のばあいの大泉兄妹と対照的だが、テキストでは表現しきれていない兄妹間の結びつきを感じる。
相当贔屓目に見ているとは思うが、その点を評価したい。


キャラ萌えゲーとしては及第点以上の出来。
しかし、期待が大きかっただけにらぶでれーしょんを大きく上回る評価には至らず。
次回作、より強化されたイチャラブゲーを切に期待する。

ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定!

"ラブラブル その5 花穂ルート" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント