2012年エロゲ回想 2013年期待作

購入本数とプレイ時間は反比例するようだ。


1日あたりのプレイ時間が減ったせいで、このチラシの裏状態のブログに残す程度の気力すら失われていく…
共通で投げたような作品も多く、相変わらずの食い散らかしようですが、一年の締めということで印象に残った作品をいくつか。


1月
それゆけ!ぶるにゃんマンHARDCORE!!!
クリアするだけならヌルゲー。しかし高得点狙いだすと相当シビアに。
BGMにボーカル曲複数あり。5面ボス曲は必聴。
PSPの豪華版にボーカルCDあり。特典目当てで買いましたが?


2月
ティンクル☆くるせいだーす - Passion Star Stream -
ラストバトルは熱かった。それだけの印象。
あ、あとルルシェ様かわいい。

かみのゆ
風呂が舞台の作品ですが、良い意味でぬるい感じの作品。このぬるさが非常に心地よかった。
どのキャラもかわいいですが、男の娘・・ともちょっと違うのか?が苦手な人は回避推奨。
個人的には男の娘系は好んでプレイしたいとは思わないが、やってみるとまぁこれはこれで。
お風呂から溢れるお湯の量を見て「我エウレカ!」と言わぬ優しさ



グリザイアの迷宮 - LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA -
いやまぁ面白いんだけどさ、メインの話完全に果実と別展開じゃん?
果実のグランドルート的な何かがあれば素直に見れるけど、プレイヤーに脳内補完させるにはちょっと難しくね?全員救済されてるでしょ?
それに週刊漫画みたいな引き。次売るためとはいえちょっとなー。
話は面白いんだけどねぇ。

ホチキス
今年の初マイン

ランス・クエスト マグナム
話の繋がりとしては別世界らしいが、ゲームとしては良いアペンドだった。
ランクエ買ってある程度気に入った人なら買って損なしかと。
恐らく今年一番プレイ時間が長かったゲーム。


3月
マテリアルブレイブ
今年2発目のマイン

DRACU-RIOT!
のーぶる☆わーくすでハードル上げ過ぎたかなぁ。
時間が経つと物足りないと感じる。
メインヒロインが地味すぎるよなぁ。

‘&’ -空の向こうで咲きますように-
今年最大のガッカリゲー…
去年の今頃の期待感と言ったら…


4月
ものべの
ありすちゃんprpr
雰囲気は最高にいいね。出身が近い(といってもあれほど田舎ではないが)こともあり+補正。
菜穂子さんのおまけシーンだけで何杯もおかわりできます。

デモニオン ~魔王の地下要塞~
M&M最高や!
序盤面倒な展開がしばらく続きますが、ヒロイン捕獲+ある程度ユニットが成長すればほぼ放置でOKになり、完全に作業ゲーと化しますが、それでもそこそこ面白かった。
ただ、全ヒロイン展開がほぼ同じなのはちょっとね・・
アスタロス様の黒ブリーフ姿は笑えるからやめてほしい。

創刻のアテリアル
カードゲームというジャンル自体俺には合わないのかもしれない。
かったるくて途中で投げてしまった。
デモニオンと同日発売だったのもあるけど、姫狩りや神採りと比べてしまったらだるくもなる。

俺の彼女のウラオモテ
共通で放置。
しかし、OP曲は今年最高クラス。
歌詞はゆとり全開だけど今も通勤中ヘビロテ。


5月
この大空に、翼をひろげて
個別のルート間格差が激しいが、小鳥ルート、天音先輩ルートは出色の出来。
これほど清々しいエロゲに久々でしたわ。
萌えゲーアワード金賞受賞。
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver


6月
初恋1/1
特典が本体なパターン。
絵が良いのとキャラ的には何名か良かったのに主人公がひど過ぎてもったいない限り。

紅蓮華
俺の中ではコンチェルトノートが名作すぎて、桐月氏の作品をちゃんと評価できなくなっている気がする。
エウスリーゼとくおんのルートは結構好きな終わり方だったけれどそれ以外は・・・

アオリオ
特典が本体その2
桐谷華をあのキャラに当てるのはもったいない。というかこの作品にはそういうキャラいない。
そういう固定された見方が声優を潰す要因にもなるんだろうけど。


7月
創世奇譚アエリアル
おいおい・・こういうのを期待してないから…
アルテミスブルーが良かっただけに残念。
アルテミスが納豆、キムチ、ヨーグルトとすれば、アエリアルはシュールストレミング。

終わる世界とバースデイ
めずらしく雰囲気買いしてホームラン。
誕生日入力は自分の誕生日入力推奨。
ゲーム終了後の補正込みならHappy Birthday to...の威力は凄まじい。
先読みせず素直にプレイするタイプの人には是非お勧めしたい。



8月
イモウトノカタチ
共通で投げた。
ミータルート云々じゃなくね?

9月
特になし


10月
月に寄りそう乙女の作法
これもルート間格差が激しいが、ルナ様ルート、ユルシュールルートは是非お勧めしたい。
他ルートも上記2キャラと主人公を見たいためだけにやることになると思うがw
最後にルナ様、その前にユルシュールをプレイすることを推奨。
鈴平キャラだけで良かったんや…
2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています!

催眠遊戯
薬やトンデモ機器で催眠状態になるような作品とは一線を画す催眠物。
抜きゲとしても超優良。これは買いですぜ。
蛍火とそのとりまきの扱いだけが残念。


11月
ウィッチズガーデン
e-moteは使い方によっては面白い表現ができる可能性を感じさせる。
紙芝居をアニメ方向に若干補正し、文章に表現されていないキャラの感情他を感じさせられる。(その分スクリプター殺しなのかもしれんけど)
ただ、技術的には新しいのだろうが、目パチ口パクから派生した手法というだけで革新的とまでは言いにくい。
また、絵とシナリオ/テキストがある程度しっかりしていないと、意味も無くなる。
同システムを採用する作品があれば注目したい。


12月
ガンナイトガール
主人公を許容できるかが全て。もっと姉しよでも全く同じこと言った気がするけど。
個人的には体験版のお志乃ちゃんルートの引きがクライマックスだったけれど、全体通して終わるまで全く飽きずにプレイできたのは今年これだけじゃないかな?プレイ本数少ないから他と比較しにくいけれど。
きゃんでぃなんでFD出る可能性高いと思うけど、区隊長は妄想だけにしてくれよ。こういう言い方は良くないんだろうけど、この世界観で絢斗みたいなのに体許したり、ましてや惚れるアラサ―の軍幹部とか萎えるどころじゃないわ。
すめらぎ琥珀画伯が好きなら迷わず買い。
ガンナイトガール 応援バナー



2012年度総評
例年以上にプレイ本数が少なかった本年。
予想外に良かった作品もあった半面、ガッカリゲーが多かったのも…
それもエロゲの楽しみ方と思ってしまっているのが度し難い。

夏までめぼしい作品が かみのゆ この大空に翼をひろげて 終わる世界とバースディくらいしかなく、今年は凶作なのかと思っていたが、10月月に寄りそう乙女の作法 11月ウィッチズガーデン(内容としては並みなんですが) 12月ガンナイトガールと良い作品が続いて盛り返した印象。
連休中に1.2本は消化して良いと思える作品が追加されることを祈って。

2012年個人的ベスト5
1.月に寄りそう乙女の作法
2.ガンナイトガール
同率2.この大空に、翼をひろげて
4.終わる世界とバースデイ
5.かみのゆ

かみのゆが5位か・・・やっぱり物足りない一年だわ



2013年の期待と展望
1月
・大図書館の羊飼い
体験版未プレイ。まぁ問題なしでしょう。
貯まったポイントで予約済み。

・この大空に、翼をひろげて Flight Diary
こちらも間違いが起こる要素なし。
天音先輩関連だけでも良いくらい。

・さくらさくら FESTIVAL!
誰も出ると思ってないからw
と言いながら予約したのが2010年11月(カード引き落とし済み)
消費税上がる前に出せばいい(呆れ

2月
・虚ノ少女
殻ノ少女崩しておきたい…

パステルチャイム3 バインドシーカー
大帝国、ランスクエストと期待値が高すぎた。
実績があるメーカーは辛いなぁ。

プリズム◇リコレクション
体験版やって予約取り消したくなってる。
売れるんだろうけど、正直個人的には画集と思ってあきらめムード。

3月
レミニセンス
最近のあかべぇ系列もやらかしてるからどう転ぶか心配ではある。
実績のあるライターは比較的安牌だと思ってはいるけど…

グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-
惰性で。
あえて新品は回避するかもしれないが、あれだけ引っ張られると続きは気になっている。

向日葵の教会と長い夏休み
紺野アスタ買い。
 
聖エステラ学院の七人の魔女
この中に一人、魔女じゃないヤツがおる!
M&M買い。

4月
LOVELY×CATION2
2013年の大本命。
発売前にキャンペーンやイベント多くやるのもいいけど、作品の出来に影響しない程度にね。

魔導功殻 闇の月女神は導国で詠う
RTSぽいのかな?良く分からないけど、GW泥棒になることを祈ってる。


もうクローゼットいっぱいなのに、積みゲになるだけなのに。
完全に病気だなぁ。



来年も良い作品に出会えますように。
皆さま良いお年を。
『LOVELY×CATION2』を応援しています!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック