2011年上半期回想

生きているとエロゲができる


早いものでもう半年経ってしまった。
3月のあの日からプレイ時間が激減したため、いつも以上にプレイ本数は少ないですが、いい意味でも悪い意味でも印象に残った作品を書き留めます。


1月
黙って私のムコになれ!
みこしまつりの無駄遣い。
個人的には花乙女も凡作だが、これほどの駄作(主にシナリオ)を踏まされると存在を記憶から消したくなる。
のーぶるわーくす、最終痴漢電車3のおかげで2011年に期待が持てた直後だけにショックがでかかった。

AQUA
シナリオプレイヤーは、ありそうで無かったあっぷりけのフローチャートを上回る、非常に使い勝手の良いシステム。
内容は特別良いとは言わないが、セリフ量の多い役どころの声優がなかなか良かったので内容も引きずられて良い印象がある。
めずらしくまきいずみにイラつかなかった。そしてなずな先生こそ真の主役。
ゲーム内システムからのパッチ適用、おまけシナリオの継続的な追加と、非常に好印象。
1月は周囲のランナーが盛大にこけてリタイアしたので相対的に目立ったような。
次回作も期待。


2月
アルテミスブルー
7章8章が少し残念だったとはいえ、6章までは個人的過去最高レベルの作品になるかと思っていた。
エロゲなのに最後まで処女で終わる主人公ハル△
『アルテミスブルー』を応援しています!

グリザイアの果実
テキスト量が多けりゃいいってもんでもないが、これはこれで作風になっているような気もする。
めずらしく民安にイラつかなかった。
黒髪ロングスキーとしては榊イチオシと言いたいところだが、今作に限っては幸しかないわ。
『グリザイアの果実』 2011.2.25発売予定

巨乳ファンタジー外伝
前作がOKなら問題なし。
ゲーム内の規模が大きくなっただけで、やってる事はほぼ同じなのでそこをどう評価するか。

ラブラブル
らぶでれーしょんのコンセプトを引き継いでいるが、総合的にはらぶでれのほうが1ランク上。
ヒロイン単独で比較すれば、花穂>みみみ先輩
興味ある人なら買って後悔はないはず。


3月
大量延期なのもやむなし。
印象に残る作品なし。


4月
神採りアルケミーマイスター
姫狩りの方が長く遊べたのは、S&Lで高ステータスを狙えたのが大きい。
メロディアーナがメインヒロインならまだやってたと思う。

もろびとこぞりて
ストーリー自体はありがちなんですよ。
四季さんのキャラと澤田なつの組み合わせが良すぎて…
それに引き換え、杏子御津は…
昨年1月からの杏子御津中毒はここに来て副作用が出始めたようだ。
こういうキャラに当てたヤツの責任だろうが、本人ももうちょっと何とかできんかったんか。

sisters ~夏の最後の日~
エロアニメは期待どおりだが、それ以外が軒並みしょぼいというか何というか…
まぁ出た事を喜ぶとしよう。

穢翼のユースティア
積んでるのに印象とかないけど…

大帝国
どうもボロクソに叩かれているようですが、帝ちゃんがかわいいことだけは否定できない。
日本化ルート1周して終了。2週目完走する自信なし。


5月
へんし~ん!!! ~パンツになってクンクンペロペロ~
抜きゲとしては優秀だが、本編進めるのがかなりかったるい。

カミカゼ☆エクスプローラー!
4/5反重力乳
アナル先輩が酷過ぎて、幼馴染も妹も同じクラスの委員長も一目ぼれの初恋の人も全員その他4名にしか過ぎない。
萌えと抜きの両立を目指すのは、現代のエロゲメーカーとしては正しい方向性ではないかと。


6月
雨芳恋歌 センセイ。わたし、もうオトナだよ
抜けるけどこの絵でアヘ顔はいらん

もっと姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー
1作でアフターストーリーの内容含んでいれば!新規タイトルにしていれば!
もし上記二点そうなっていたらきゃんでぃそふと大復活だったのにな。
もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 応援バナー



2011年上半期総評と下半期の展望
1月の不作で今年の行く末に不安を感じたが、2月4月と良作が数本登場。
昨年に比べると実りの多い上半期となりました。
下半期も、7月禁断の病棟+えむっ娘シスターズ、8月ランスクエスト 9月ワルキューレロマンツェ、と期待作が並んでおります。
9月のyour diary 注目しています。


個人的上半期ベスト3
1:アルテミスブルー
2:グリザイアの果実
3:もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー

ゲーム性のある作品の好きな俺としては物足りない気もする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック