アルテミスブルー その1 2話終わりまで

体験版やったのに最初からプレイする貧乏性


文句なしに面白い。一話二話がイマイチと言う方もいるようですけど、全然そんなこと無いと思うんだがなぁ。
説明を入れるにしても、今日子への語りかけにしたり、コンピューターを使ってwebで検索するようにしたり、登場人物の設定を生かした方法を取ったりして、クドさを感じさせない。

体験版やった時には、話の面白さ、雰囲気の良さに釣られていたところもあり、ハルにあまり魅力を感じていなかった。
今回やり直してみて、何故だかわからんけど、印象が全然違うんだよなぁ。
普通は主人公が男で、主人公視点でプレイヤーも読み進めていくと思うんだが、どうもハルの一人称で話が進んでいるわりに、桂馬視点に近い所でハルを見ているような気がしてきた。
特に二話終わりの、「2週間で理解できないのは普通なんだよな?」「なんでそんなにあいつの事を理解できるんだ?」みたいなセリフ。
最初は子供の世話なんぞやってる暇は無い。とっとと辞めろだったのが、変化しているのは、魅力とは思っていないまでも、得体の知れないヤツ。一体何なんだと意識し始めているのが如実に分かる。

エロゲとしてはどうなのかまだ良く分からないけれども、読み物としては個人的に相当好きな感じ。
体験版部分終了後は時系列に従って予約特典の3.5話、父をたずねて2千里をやってから4話に入る予定。
勿体無くて一気に進められない…
『アルテミスブルー』を応援しています!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック