AQUA その1 chapter5まで

酷いのをやった後には贔屓目になるのは仕方がない


まずサラっと読みやすいテキスト。導入はそれだけでOK
ただし、冒頭でトラウマになるほどの幼馴染死亡が、実は生きていましたにはこけそうになる。
まぁそこんとこが重要なんだろうけど。
何か全てがアクア万能論で終わりそうな気もするけど。

ひとまず良い所。
システム面では、シナリオプレイヤーが秀逸。
あっぷりけのフローチャートを超えた。
文字通り、音楽再生ソフト的なUIと使用感。
ありそうでなかったこの方式。考案者に乾杯。

一色ヒカルの母親、個人的に好きなところと嫌いなところ両方あり、納豆的なうまさ。
糸引くのすげーいやだけど食べちゃうビクン
みるはこういうテンション低めのキャラの方が好きだなぁ。

背景と演出
のーぶる☆わーくすと対極(は言い過ぎか)キャラよりも時代背景を感じさせる背景絵と演出。
雰囲気で話が多少ごまかされる感はあるが嫌いじゃない。

今のところ選択肢なし。
最初は強制固定ルート?
とりあえず投げるような要素は見当たらないが、これと言って強く引き込まれる要素もなし。
ここからの話の展開に期待。
AQUA -SORAHANE ソラハネ- 『AQUA-アクア-』はじめました。「命」と「絆」の近未来学園ヒューマンビジュアルノベル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック