のーぶる☆わーくす その5 瀬奈ルート2周目

表情差分の多さもさることながら、切り替え回数の多さは近年類を見ないのではないか


12月発売分がひと段落ついたところで(まるめるは放置。アザナえr)1月発売分が今週発売。
今から積みゲを崩そうにも、長時間物と、FDや続編と纏めて積まれている作品ばかりで消化できそうもないので、のーぶる☆わーくす2周目突入。

立ち絵のポーズは表情がコロコロ変わるのは皆気付いていると思うが、再プレイで改めてチェックすると、句読点三点リーダほぼ全てで表情が変更されている。(ゆず作品は初めてなので、以前の作品もそうなのかもしれないが)
それ以外にもところどころ変化が付けられており、1センテンス内で5回以上変化することも。
やや煩い感じを受ける場面もあるが、これはプレイヤーにキャラクターの心情を読ませるのに非常に効果的な手法だと思う。
声優の演技だけに頼らず、また声だけでは表現しにくい心情を補完するこもでき、またその組み合わせ方によっては各キャラの性格も表れてくる。
スクリプターの労力は相当な物だろうが、この作業相当楽しかったんじゃなかろうか。

普通、文章読み終わるとセリフ途中でもクリックして進めるタイプなんですが、再プレイではこの表情変化を楽しみつつゆっくりプレイ中。
俺と同じように読み進めることを優先しているプレイヤー諸氏には、時間があれば是非一度オートプレイをすることをお勧めする作品である。


長々と演出手法について言ってはいるが、それもキャラが不快なら良い結果は得られない。
何が言いたいかと言うと、瀬奈かわいい+スクリプター乙(GJ)

ゆずソフト最新作『のーぶる☆わーくす』今冬発売予定

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック