アルテミスブルー体験版

これは超期待


フェイクアズールアーコロジーもそうでしたが、制約を受けた空が舞台なのを選んでいるのでしょうか?
限界高度153mって、トラブッた時はどうしようもない高度だよなぁ。
低い山や高いビルでももっと高いこと考えると、ペリカン操縦なんて恐ろしくてできんわ…
全幅30m超の機体で高さ100mを時速600km以上で巡航とか恐ろしすぎる。

そんな世界観はあくまで舞台設定であり、本作の魅力はハルを中心とした人物の魅力でしょうなぁ。
作中早く立派な大人になりたいというような表現が何度も出てきます。
関わっている大人全員に完璧以上を求めているハルの言動。
理想と現実にジレンマを感じつつ、乗り越え解決して前に進もうとするハルに共感半分。
同じ立場であれば、そこまで入れ込めないつまらない大人側の自分に諦め半分。

この後のハルが、ハルに影響を受ける周囲がどうなるのか楽しみです。
また、舞台設定を生かした展開が待っているに違いない。
軌道エレベーターも話の中心の一つの様子。どう料理してくれるのか。

映画や宇宙開発のネタも仕込まれており、テキストレベルでも楽に進められます。
気が付いたら3時間以上プレイしてました。
体験版の時点では、個人的に今年一番(ボリューム的に不安ですが。残りの分量的な意味で)
2月の発売日が待ち遠しい。


江戸湾ズのような環境で働きたいですorz


体験版ダウンロード




追記
「今日子へ」と何度も報告をするハル。
3話までに出てくる二人の子供に対する異常なまでの喰いつき方を見ても、恐らくは妹、血縁者、子供時代の仲の良かった友達あたりで、事故死もしくは病死。
自分があの時、何かをやっていたら助けられたのかもしれないというのがトラウマのようになっており、子供の不幸を見るとトリガーになって感情的になると。
父親のギャグにしても大げさな反応は、過去の妹(仮)の事故死(仮)を繰り返したくない現れか。

なーんて仕事中適当に予想してしまうくらいに気にってしまっております。
アリーの敬礼立絵がかわいすぎる。

『アルテミスブルー』を応援しています!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック